各種特殊鋼材料と加工部品の開発提案型企業

健康経営宣言

  • HOME »
  • 健康経営宣言
代表取締役 佐久間貞介

代表取締役 佐久間貞介

佐久間特殊鋼は、「社会のためになる・世の中の役に立つことを会社の使命として、人々の人生を豊かにできる社会の実現、そしてその土台としての、働く仲間全員の物心両面の幸せの追及」という経営スローガンを掲げています。

お客様の満足度、質の高いサービスや提案を生み出すことで、「社会のためになる・世の中の役に立つ」ことが初めて実現でき、当社の持続的発展が成し遂げられると考えます。
そのためには、「働く仲間全員の物心両面の幸せを追求」し、社員自身が心身とも健康な状態で「働きがい」「生きがい」をもって働くことが何よりも重要となります。
佐久間特殊鋼は、健康経営宣言のもと、働く仲間の健康づくりを積極的に支援し、すべてのお客様・働く仲間・佐久間特殊鋼に関わる方のお役に立つことで社会に貢献してまいります。

健康経営への思い

今日、産業構造が変化し高度経済成長期の働き方からの転換が求められています。
国民一人あたりのGDPは今や世界27位(G7の中では第6位)と先進国の中では低迷しており、がむしゃらに働けば豊かな生活を得て幸せになれるという時代ではなくなりました。
過去のOECDの発表では日本は男性の年間総労働時間と女性の家事育児従事時間が世界一長く、女性の睡眠時間は世界一短い国という統計があります。

働く仲間の幸せとはなんでしょうか?
今 私たちは社員の真の幸せとは何かをともに考えなくてはなりません。

健康であることはもちろんです。病気ではないという状態に満足するのではなく、活力に満ちた日々を送れるよう、より主体的に働く仲間の健康を目指す会社であること。

やりがいを感じられる仕事をして、世界的に競争力のある生産性を保持し、その成果を社員が享受することができる会社であること。

最後に、欧州先進国なみに総労働時間を削減し、個人の幸せを追及できる会社となること。
世界3大「幸福論」の一つの著者であり、1950年にノーベル文学賞を受賞した、英国の哲学者バートランド・ラッセルは「労働が価値を持つのは、働くことが良いことであるからではなく、それによってもたらされるはずの閑暇が、本来の人間的な活動を可能にするからである。相当な暇な時間がないと、人生の最も素晴らしいものと縁がなくなることが多い」「生産性が2倍になれば、労働時間は半分になる」「働くこと自体が徳であるという考え方の変革にせまられるだろう」と述べています。これは20世紀、産業革命後の世界的経済不況の中で、100年後について論じたものですが、奇しくも、現代の私たちはこの命題に直面しているといえます。
出来るだけ生活に使える時間を増やし、男性も家事・育児に関わり、家族とゆっくり食事をし、趣味を楽しみ教養を磨く。
このようなメリハリのついた働き方を実践するには、働く人自身が考え方を根本的に改める必要があるでしょう。

当社の努力だけで出来ることではありませんが、私達が今出来ることをひとつずつ達成し、スモールチェンジを重ねることで、働く仲間一人一人が、人生の幸せを享受できるようになる会社作りを目指します。

私が取り組んでいること

健康について考える時、健康は与えてもらうものではなく、自分の健康は自分で守るという意識が最も大切だと思います。
万が一病気になった時、誰も自分の代わりになってはくれませんし、治療には大切な時間と多くの費用を割かなければなりません。

代表取締役 佐久間貞介

私自身も毎年必ず人間ドックを受診し、その結果を真摯に受け止め、お付き合いもありますが、節度をもった食事や飲酒を心がけています。

また、定期的に運動する時間はなかなか取れませんが、自宅で、体幹トレーニング機器を利用し手軽にできる運動を継続して行うようにしています。

様々な健康増進に関する取組を会社で行っておりますが、与えられたものや、強制されたものでは長続きしません。
病気にかかったら治療することはもとより、未然に病気を防ぐことが出来たらどれだけ素晴らしいでしょうか。そのためには、日々自分の健康状態について関心を持ち、よく知っておくことが大切だと考えます。
ぜひ働く仲間の皆さんにも、自らの意志によって健康の重要性に気づき、行動を起こしていただければ幸いです。

代表取締役 佐久間貞介

佐久間特殊鋼 健康経営の足跡


(期)
会社方針
経営方針(健康経営関連)及び健康経営優良法人認定関連の出来事
2010年
(第60期)
会社方針
健康で安全な職場環境作り2008年~愛知県ファミリーフレンドリー企業
2013年
(第63期)
会社方針
社内コンテスト実施(健康経営・職場安全)
2014年
(第64期)
会社方針
社内コンテスト実施(健康経営・職場安全)
健康づくりの推進(10時以降の残業禁止・勤務時間内完全禁煙)
2015年
(第65期)
会社方針
職場環境日本一
健康づくりの推進(10時以降の残業禁止・勤務時間内完全禁煙)
5月執行役員会(3年後までに再検査受診率を100%にすることを決議)
2016年
(第66期)
会社方針
CSRの取組(医療、保育事業進出)
健康経営の推進(働き方改革、勤務時間内完全禁煙、検診項目の充実)
農業進出(食の安全を考えるための農業分野への進出)
2017年
(第67期)
会社方針
CSRの取組(医療、保育、高齢者、農業)
健康経営の推進(社内禁煙0への挑戦、正確な勤務時間の把握・時間当たり生産性の向上、2次予防の充実、1次予防への転換)
スポーツエールカンパニー/ロコモチャレンジ開始
企業主導型保育園「SukuSuku Nursery School 浦里」4月開設
2018年
(第68期)
会社方針
CSRの取組(医療、保育、高齢者、農業)
健康経営の推進(完全禁煙宣言[昼休みも禁煙化]、時間当たり生産性の向上
健康経営優良法人2018(大規模法人部門)認定取得
スポーツエールカンパニー、女性特有の健康問題についてラインケア実施、あいち女性輝きカンパニー、女性の活躍促進宣言事業所、煙草の社内持込禁止
2019年
(第69期)
会社方針
CSRの取組(農業)
健康経営の推進(社内喫煙者0の達成、完全禁煙、健康経営オフィスの実現)
健康経営優良法人2019(大規模法人部門)認定取得
メンタルヘルス社内窓口設置、社内窓口案内、女性の健康について社外窓口を案内、ロコモチャレンジを家族にも開放
スポーツエールカンパニー、あいち女性輝きカンパニー、女性の活躍促進宣言事業所
2020年
(第70期)
会社方針
CSRの取組(農業)
健康経営の推進(社内喫煙者0の達成、完全禁煙、健康経営オフィスの実現)
健康経営優良法人2020(大規模法人部門)ホワイト500(上位500社)認定取得(中部経済産業局長 高𣘺淳様より 認定書授与)

初めて男性社員が育休取得(男性 育休取得率11%)

組織体制

 

健康経営戦略マップ

健康経営戦略マップPDF ※クリックするとPDFが起動します。

具体的な取り組み(評価・改善)

健康状態の具体的改善に関する取り組み

Ⅰ)万病のもとであり、生活習慣病にも関連が深い喫煙者の削減に取り組み

①禁煙外来受診及び付属するニコチンパッチなどの費用補助制度新設

 利用率 ・・・0人

②アンケートの実施

 卒煙達成者の成功体験を展開し啓蒙活動実施

禁煙の助け

 卒煙キーワードは“愛”

煙草をやめたきっかけについて、周囲への愛情に基づく理由が45%を占めています

ご家族や周囲の方の健康を気遣って     25%
ご本人ご家族の妊娠            11%
自分や周囲の人が健康を害したため      9%

Ⅱ)会社の持続的成長に不可欠な社員の健康を担保するために、2次予防から1次予防に転換する

①「SAKUMAロコモチャレンジ」体力測定会を開催、体力年齢が実年齢を下回る者に対して運動指導を実施

ロコモチャレンジ①
ロコモチャレンジ②

②メタボリックシンドローム該当者及び予備軍を2025年までに10%削減する為に運動習慣の確立を目指す

 

休職者の職場復帰、アブセンティーイズム改善に関する取り組み

Ⅰ)健康リテラシーを向上し、ラインケアの充実を図る為、上長に資格取得を奨励し、費用を会社負担とした

ハラスメント・メンタルヘルス講習会: Webinarにより 100%受講

ストレスチェックより: ラインケア指標全国平均以上を継続

 

 

 

 

 

 

 

 

Ⅱ)農業分野へのチャレンジを開始

様々な個性を持った社員のための職域開発や休職者復職時のリハビリにも活用

サツマイモ①
サツマイモ②

 

 

プレゼンティーイズム、エンゲージメント改善に関する取り組み

Ⅰ)営業・業務支援システムの導入

労働生産性を高めるため業務効率化システムへの投資を拡大し、ルーティンワークに係る時間を縮減仕事のエンゲージメントを高めるクリエイティブな仕事に注力できる環境を整備していく

≪取組状態≫
ワークフローシステム  導入率 57%
RPA             導入率 67%
受発注システム     導入率 75%

ロコモチャレンジ①

 

 年間総労働時間推移に着目

1人あたりの年間総労働時間を2025年までに 2018年比 10%縮減

2018年 2064時間

      ↓

2025年 1860時間

Ⅱ)ワークエンゲージメントの向上

年に1回、国内外全拠点の社員が一同に会する全社会議を毎年開催しています。
一年の振り返りや来期方針発表の場というだけではなく、各種表彰やパーティーを行い、親睦を深め最後は社歌である「心♡ひとつに」を合唱し団結力を高め合っています

全社会①
全社会②
PAGETOP
Copyright © SAKUMA SPECIAL STEEL CO.,LTD. All Rights Reserved.